レンタルスペースを運営したい人の疑問に答える総合情報サイト

トラブルとその防止策

レンタルスペース利用の際のトラブル

レンタルスペースを利用した際のトラブルには、使用した空間そのもので起きたトラブルと、近隣の住人との間に起きたトラブルの2つがあります。

レンタルスペースに利用した空間で起きたトラブルとは、もともと決められていたスペース使用のルールを破ったことによって生じるものです。そして、近隣住民との間のトラブルとは、レンタルスペースの貸し主、あるいは借り主がマンション、あるいは町内会といった地域コミュニティの決めたルールを破ったことにより生じたものです。

レンタルスペース空間利用のルールを守ることは言うまでもありませんが、レンタルスペースの近隣にあるコミュニティのルールをしっかりと確認して運営しましょう。レンタルスペースは、基本的に監視のない中で利用されるものです。使用目的(パーティー、2次会など)によっては利用者のタガが外れがちで、トラブルが起こりやすいです。

トラブルを防ぐために必要なこと

レンタルスペースの利用は最近増えてきましたが、まだまだ利用したことがない人も多いでしょう。つまり、貸したことがある人も借りたことがある人も、まだまだ少ないということです。双方が貸し借りに不慣れな場合、条件を詰める際や、手続きに不備が発生し、トラブルになることがあります。

レンタルスペースを含むシェアリング・エコノミービジネスを統一的に規制する法律は、現在のところ存在しないという所に注意しましょう。

細かすぎると思われる点についても、必ず契約書を交わしましょう。口約束だけで条件を決めてしまうと、後日トラブルのもとになります。契約書が無い場合(時間貸しなど)もありますが、その際は疑問に思ったことを必ず質問し、解決しておくようにしましょう。その時疑問に思ったことを、その場で解決しておくことで後々のトラブルを防ぐことが出来るはずです!