レンタルスペースを運営したい人の疑問に答える総合情報サイト

レンタルスペースのメリットとデメリット

レンタルスペース運営の利点

自宅の空いているスペースを貸し出すことのメリットは何でしょうか?以下の2つをあげることが出来ます。

まず1点目としては、建物が古くても利用ニーズに影響がなく、収入が物件の築年数に左右されないということです。不動産は通常、古くなればなるほど得られる収入は減ります。しかし、レンタルスペースの利用者は、「家」として利用するのではなく、「サービスの場所」としてのみ利用するので、建物が古い、新しいということよりも、立地、設備、清潔さ、内装を重視するからです。

2点目は、コストをかけずに始められるということです。レンタルスペースは、一般的な不動産投資と比べて、初期投資にお金をかけなくても、低コストではじめられます。極端な話、利用者のニーズに合えば、あなたのお家、マンションの空いている部屋、スペースを改装せずにそのまま貸し出すことも出来るのです。

レンタルスペースの欠点

全く知らない他人に自分の家、マンションの一部を貸し出すことには、当然デメリットがあります。以下にあげてみます。

・犯罪に利用される危険性
 レンタルスペースが違法薬物の保管場所に使われることや、違法行為の場所として利用される可能性は否定できません。

・利用者のニーズに合わない立地だと収入が見込めない。
 レンタルスペースはひとえに「立地」です。ニーズがかなりある立地でないと、収益は見込めません。また、ニーズが見込めるエリアでも、競合する物件が増加することによって売上が急落する可能性もあります。

・管理が面倒くさい
 利用者のことを考えれば、最低限度は清掃を行う必要があります。レンタルスペースは時間貸しなので、たびたび清掃する必要があります。

・プライバシーの問題
 自宅、あるいはマンションンの一部をレンタルする場合、貸し主のプライバシーを守れない状況が起こる可能性があります。