レンタルスペースを運営したい人の疑問に答える総合情報サイト

レンタルスペースって何だろう

レンタルスペースをはじめるには

まず、貸出スペースの利用用途を考えましょう。主な用途として考えられるのは、パーティー、撮影、ミーティングルームです。利用用途に合わせ、家具、家電、設備、備品を揃えます。個人所有のスペースをレンタルするには、専門に必要な資格や届出はありません。ただし、利用目的によっては、役所への届け出が必要になります。また居住用のマンションでは、居住用以外に使用して良いかという点も確認が必要です。

次に、他の入居者に対するトラブル防止対策を考えましょう。レンタルスペースは、不特定多数の利用者が利用するものです。トラブル発生により生じた損害に関しては、あらかじめ利用規約などの文言で明文化しておきましょう。出来れば、弁護士さんの監修の元で作成しましょう。

最後に、宣伝を考えましょう。宣伝には、大手ポータルサイトに掲載するのが良いでしょう。ただし、手数料はやや高めでおおむね20%〜35%です。

レンタルスペース運営を成功させるには

レンタルスペースは、地域のニーズと流行に合えば高い収入を見込むことが出来ます。
逆に言えば、地域のニーズと流行に合わなければ、まったくビジネスとして成立しません。

地域のニーズと流行を調べるには、継続的に市場の調査を行っていく必要があります。市場の調査を正確に行うには、起業コンサルタントや不動産会社などのプロの手も必要となってくるでしょう。プロの手を借りれば、お金が必要になります。つまり、市場の調査には時間と労力に加え、資金が必要になります。

レンタルスペースは比較的、初期投資が少なくてすむビジネスですが、より確実に収益を出そうとすれば、それなりに時間、労力、資金も必要なのもまた真実です。

副業としてレンタルスペース運営を考えている方は、この点について良く考えておきましょう!