レンタルスペースを運営したい人の疑問に答える総合情報サイト

レンタルスペースのはじめ方と利益のあげ方

レンタルスペースには、個人が自宅の一部を提供して貸し出しているものと、会社や企業がレンタルスペース用に作った空間、もしくはビルの一室を貸し出しているものがあります。不動産賃貸は月単位でというのが普通ですが、レンタルスペースは時間単位で貸し出すことが普通です。

スペースを貸し出す側は貸し出しによる収入を得られ、借りる側は保有することなく、必要な施設を利用することが出来ます。一見無駄に思われているものに価値を見出し、活用していくことが社会的にも有益であるという社会の流れの中、現在注目されています。レンタルスペースは自由です。利用している間は、利用者の完全なプライベート空間になり様々なことに使えるため、これまでのサービスにはない価値を作り出すことが出来ます。

現在、レンタルスペースには、少人数のパーティー、女子会、子連れのママ会、ヨガ教室、コスプレ撮影会など多様なニーズがあります。シェアリング・エコノミー(共有経済)が拡大している今、レンタルスペースにも大きなチャンスがあります。個人や企業が所有する物、場所などの資産を、インターネットを通じて貸し借りしたり、共有して成立する経済の仕組みをシェアリング・エコノミーと言います。

日本社会においては、「物を大事にする」という価値観が重んじられます。それを背景に遊休資産(技術なども含む)を共有するシェアリング・エコノミー市場は、今後10年で20倍以上の市場規模になると推測されています(総務省のデータによる)。それに伴い、レンタルスペース業界の市場も、今後の拡大が期待されているのです。

レンタルスペースって何だろう

レンタルスペースは民泊に次いで注目されているサービズです。時間単位でレンタルできるレンタルスペースに魅力を感じる人も増えています。これから一般的に認知されていくのも時間の問題でしょう。 もしレンタルスペースをはじめるにはどうしたらよいのか、より収益をあげるにはどう良いのかを考えてみました。

レンタルスペースのメリットとデメリット

レンタルスペースは比較的簡単にはじめられるビジネスですが、まだまだ日本に定着して から日も浅く、不明な点も多いかと思います。まずは、レンタルスペースを運営することによるメリット、デメリットについて正しく認識するところからスタートしましょう。 「Festina lente.(ゆっくり急げ)」です!

トラブルとその防止策

レンタルスペースが客商売である以上、顧客との間に何らかのトラブルは起こりえるものでしょう。何も想定せずに、ただトラブルが起きてから対処するよりも、起こりえるトラブルを想定し、その対策を考えたほうが賢明です。ここではレンタルスペースで起こりえるトラブルと、その防止策についてまとめました。